渓流域の釣り場とは

渓流域は、川の源流になるような山の奥深い場所の釣りで、大自然に囲まれながら気持ちの良い釣りが楽しめます。

 

スポンサードリンク

渓流域とは

渓流域
渓流域とは、山間部や渓谷を流れている河川の上流域の事を言います。

 

渓相はゴツゴツとした岩が散在して、深い淵や大小の落ち込みがあります。釣り人の侵入を阻止するがのように険しい場所もありますが、その厳しい大自然こそが、渓流釣りの魅力でもあります。

 

静寂に包まれて、大自然の美しい世界を満喫出来るのも釣り人ならではの特権でもあります。

 

生息
生息するのは、イワナやヤマメ、アマゴです。

 

一時期は数が減りましたが、放流事業やキャッチアンドリリースの意識が釣り人にも高まって、現在は魚影が戻りつつあって濃くはなってきています。

 

その他にも、カジカやニジマスなどもいます。

 

習性
渓流域の主な対象魚は、渓流魚と言われるイワナ、ヤマメ、アマゴです。現在の淡水魚釣りにおいて、最も難しい釣りのひとつと言われるほど、これらのお魚さんは警戒心が強いです。

 

その為、むやみにあちこちにエサを入れるのは厳禁なので、まずは魚のいるポイントを覚えましょう。

 

ポイント
変化に富んだ上流域は、ポイントのオンパレードですが、初心者は逆に迷ってしまって攻めあぐねてしまうので基本を知りましょう。

 

ポイントを大きく分けると、落ち込み・瀬・淵・トロ場・に分けられます。

 

落ち込み
落ち込みは滝壺の事で、規模は大小様々あります。

 


瀬は、流れが周囲よりも速い場所で、水深や流速の違いから、深瀬・荒瀬・早瀬・チャラ瀬などがあります。

 

石がゴロゴロとあって、エサとなる水生昆虫がたくさんいるので、お魚にとってはレストランみたいな場所です。その為、瀬に集まる魚は、活性がとても高いものです。

 

瀬の始まりを瀬頭、終わりを瀬尻と言いますが、瀬はポイントとしての要素をいくつか併せ持っていて、他のポイントより範囲は広いです。

 


淵は、流れが極端に深くなっている場所の事です。岩盤の流れがカーブしている所や落ち込みの上下に多く見られる場所です。

 

トロ場
トロ場は、水面が穏やかで緩やかな流れが続いてる場所です。淵ほどの水深のない場所です。

 

魅力
釣りの対象魚としてはとても難しさがあるので、やればやるほどの奥深さがあって面白さもある釣りになります。

 

場所も、人里離れたホントの自然の中で、川のせせらぎを聞きながら無心に釣る事を楽しめる場所になります。

 

魅力溢れた場所で、魅惑的なお魚を釣る楽しみが味わえる場所です。