清流域の釣り場とは

民家に近い清流域は、いわゆる中流になるので、身近に手軽に釣りを楽しめる環境になります。

 

スポンサードリンク

清流域

清流域
清流域とは、上流から下ってくると、山間部はやがて平地に変わって川幅も広くなります。この当りが清流であり中流と言われる場所です。

 

民家からごく近場で、生息する魚もわりと簡単に釣る事が出来るいわばファミリーから初心者向けの流域になります。

 

魚種
魚種は豊富で、特に関東ではヤマベ、関西では白ハエと呼ばれるオイカワと、釣り人の間ではハヤという名の方に馴染みがあるウグイが全国的に良く釣れます。

 

この2種類のお魚は各ポイントに点在しているので、エサ釣りの基本になるウキ釣りや、ミャク釣りをマスターするには、うってつけの対象魚になります。

 

他にも、アユ・コイ・マブナ・タナゴ・モツゴ・モロコなども対象になります。

 

また、魚が遡上する為の魚道が整備されてる川は、ヤマメやアマゴの降海型のサクラマスやサツキマスが上がってきたりもします。

 

これもぜひ狙いたい対象魚ではありますが、禁漁となっている河川や県があるので、事前に確認が必要な対象になります。

 

清流の上流側と下流側
清流域の中流は、上流に近い中流と、下流に近い中流では、その様相はかなり違ってきます。

 

上流側は、渓流の様相が色濃く残っているので、流れは変化に富んでいます。流れのたるみや大岩の陰、瀬の脇などがポイントになるので、渓流に似た釣りが楽しめます。

 

そこから、下ってくるとホントの中流域になり、川幅が広くなってきて、下流域になってくるので、対象魚も変わって釣り方も変わってきます。

 

魅力
清流は、民家からも近く、釣りやすい足場も多く、釣りやすい対象魚も多い!などから、初心者には始めやすい流域といえます。