春のマブナを釣りに行こう

春は産卵に集まる乗っ込みブナを釣ろう。群れをなすので、初心者にも釣りやすいシーズンです。

 

スポンサードリンク

マブナ釣り

マブナというお魚
マブナは、一般にギンブナとキンブナの事を言いますが、実際にはキンブナはほとんど釣れなくなっているので、マブナの事はギンブナになります。

 

年間を通じて釣れるお魚ですが、春の乗っ込みと秋の落ちが最盛期のシーズンになります。

 

春の乗っ込みは産卵の為に浅場に集まるので、この時は、幅1mくらいの狭い用水路に群れを作ります。初心者にも釣りやすいシーズンで簡単に釣る事ができます。

 

習性
マブナは、底の層から離れずに生活しています。そこでマブナは底を釣れという格言があるくらいなので、狙いは底狙いになります。

 

ポイント
習性が底層なので、エサが底付近にあれば良いのですが、どこでも良いという訳ではありません。杭などの障害物の周りやアシの際、用水路の水門付近が主なポイントになります。

 

仕掛け
マブナ釣りでは、シモリウキ仕掛けが主流になります。他の仕掛けも使ったりしますが、ウキ下を調整する事無く、底が狙えるシモリウキ仕掛けの方が扱い易いのです。

 

マブナ狙いは、探り歩く事が多いので、マブナ釣りには最適で、繊細なアタリも取りやすいです。

 

乗っ込み期の浅場狙いでは、シモリの数は3個4個と少なくて良いです。ウキはひとつずつゆっくり沈むようにオモリを調整します。

 

釣り方
エサを付けて、静かに仕掛けを投入します。仕掛けが沈みシモリウキがゆっくりひとつずつ沈んでいくのでウキの動きを良く見ます。

 

マブナはエサが底に着くまでの間に食って来る事が多いので、ここは集中しておきます。ウキの沈みが止まってしばらくしてもアタリがなかったら、仕掛けを30cmくらい引き上げて、再び沈ませての誘いをしてみます。

 

アワセ
アワセは、ウキに少しでも変化があったら、すぐにアワセをいれます。