ミャク釣りとは 川釣り

ミャク釣りは、お医者さんが手でミャクを計るように、ミャク釣りはアタリを手でとる釣り方です。

 

スポンサードリンク

ミャク釣り

ミャク釣りは、流れの強い流心や川の流れが複雑のところを狙う時の釣り方です。

 

流れが激しいと、ウキが動きすぎてアタリが解らなかったり、ウキの動きにエサが引っ張られて、エサが不自然な動きになってしまって食いが悪くなってしまいます。

 

このような時に、仕掛けからウキを取ってしまったのがミャク釣りです。

 

糸もワンランク細くして、水の抵抗を減らすようにして釣ります。流れが複雑な渓流釣りでは、ウキ釣りよりもミャク釣りの方がオーソドックスな釣り方です。

 

ミャク釣り仕掛けの特徴は、道糸に目印を付ける事です。

 

目印の役割は多彩で、動きで、流れる仕掛けの位置を知り、水深を把握し、そしてアタリを察知します。

 

底付近を流すこの釣りでは、オモリの重量が釣果に大きく左右します。流れに乗りつつ、底をキープ出来る重さが理想となります。

 

流れの速さに合わせて、オモリを調整しましょう。

 

道糸は常に張った状態でエサを流しますので、仕掛け全体の長さは、竿の長さより短くした方が扱いやすいです。

 

この釣り方では、清流竿より持ち重りのしない渓流竿が向いています。