ハヤとヤマベをウキ釣り

手軽に釣りの楽しみが味わえるのがハヤとヤマベ釣りですが、ウキ釣りはアタリが目に見えるので、より楽しさがあります。

 

ウキ釣りでハヤとヤマベ釣りを楽しみましょう。

 

スポンサードリンク

ハヤとヤマベの釣り方

ポイントは・・・
ハヤとヤマベは、ほとんど同じところにいますが、ハヤの方が水深のある場所を好みます。

 

ポイントは、
落ち込みの白い泡の周りや大石の際、
流れが一番速い場所の脇、
流れと流れがぶつかる所、
浅くて波立っているところ、
流れが緩やかで底に石がある所、
などが良く釣れるポイントになります。

 

始めは大石の周りや流れが緩やかな所が狙いやすいので、ココから攻めてみますが、大型は白い泡の周りや、流れの速い場所の脇がポイントなので、ココもぜひ狙ってみたいポイントです。

 

 

ウキ釣りのコツ
ハヤとヤマベの釣り方で、ウキ釣りが一般的な釣り方ですが、ウキ釣りの流し方のコツがあります。

 

ウキよりエサを先に流す!です。

 

流れは、底より表層の方が、流れが速いので、普通にウキ釣りを流すと、ウキが先に流れてエサが後から付いて行く事になります。が、これは釣れない状態です。

 

そこで、エサを先に流すように釣りますが、ウキと仕掛けの流し方は、張る・・・緩める・・・張る・・・といった感じでエサが先行して流れるようにします。

 

アタリがあっても、ハリ掛かりしない時は、ウキが先行している可能性があるので、張りを強めにします。

 

基本はエサを先行させるように、張り気味にしながら仕掛けを流します。

 

魚が食ってウキにアタリが出ますが、すべてウキがスパッと水中に消し込む訳でなく、ウキが止まったり、横走りしたりもするので、おかしいなと思ったら素早く合わせてみましょう。

 

エサを獲ろう
釣りの前に、子供と川虫のエサを獲るのも楽しさのひとつです。

 

釣具屋さんで買っていくサシエサは、清流の小物には万能エサですが、それでもいつも食べている川虫のエサの方が勝っています。

 

川虫が獲れるのであれば、ぜひとも川虫を使いましょう。

 

獲り方は、難しいものではなく、浅瀬の石をひっくり返して、そこに付いてる川虫を獲るだけです。

 

もっと簡単なのは、目の細かいアミを石の下流において、足で石をポンポンと浮かしてみます。

 

すると色々な川虫が獲れるので、自分で掴まえたエサで釣ってみるのも、これまた面白いものです。