テナガエビを釣りに行こう

テナガエビ釣りは、歴史が古い釣りで江戸時代には親しまれてる釣りです。

 

カラ揚げはとても美味しくて、居酒屋さんでカワエビとして定番メニューにもなっているくらいです。面白い釣り趣と美味しさを満喫できる釣りです。

 

スポンサードリンク

テナガエビ釣り

テナガエビ
テナガエビは、名前の通り体長と同じくらいの長さの手が特徴のエビです。夜になると底を移動しながら、その長い手で泥の中のエサや小魚を捕食します。

 

釣り場
釣り場は、流れの緩い河川の下流域や湖沼などになります。

 

釣り期
基本的には夜行性ですが、日中でも普通に釣れます。チャンスタイムは朝と夕方のマズメ時が良く、特に夕日が沈みかけた夕マズメは最高のタイミングです。

 

昼間でも普通に釣れますが、夜行性なので快晴の日より、曇りや小雨程度の天気の方が良く釣れます。

 

ポイント
ポイントは、岸際の杭や捨て石などの障害物周り、アシ際、護岸のヘチ際などがポイントで、更に好天の時は、太陽光が届かない場所が良いです。

 

明るい場所では、テナガエビはいても食ってこないので注意しましょう。

 

また、砂底や砂利底よりも泥底のほうを好みます。

 

道具
岸近くがポイントになるので、竿は2mほどの短いものでOKです。ただ、竿先の抵抗を感じるとエサを離してしまう事があるので、軟らかい胴調子の竿が良いです。

 

また、抜き上げる時に、バラしも多いので、玉網はあった方が良いです。

 

仕掛け
仕掛けは、ウキ釣り仕掛けですが、テナガエビ用の仕掛けが市販で売ってるので、これで良いです。

 

釣り方
テナガエビ狙いの場合はあえてウキを沈ませて釣る事から、通常より重めのオモリをセットするのが特徴です。

 

エサ
エサは、キジが一番で適当な長さに切ってハリに通します。大事な事は針先を少し出しておくのがコツです。

 

エサをハリから垂らし過ぎると乗りが悪くなるので気をつけます。キジ以外にもサシやアカムシも使えますが、いずれも針先は必ず出しておきましょう。

 

釣り方
狙うポイントを絞ったらウキの位置決めを行ないます。オモリを底に着けた状態で、水面下5〜10cmの間にウキがくるよう位置を調整します。

 

ウキ位置が決まったら、エサを付けてポイントに仕掛けを振り込んで、静かにアタリを待ちます。

 

アワセ
ウキがチョンチョンと上下するアタリは、テナガエビがエサを挟んだ時です。この時にアワセてはいけません。もう一呼吸するとウキがスーと深く沈んだり、左右に動きます。これは棲みかにエサを引っ張り込んでいるところです。

 

もう少し我慢していると、再びウキに小さなアタリがあるので、ここでエサを食べてる時なので、ようやくアワセるとハリ掛かりします。

 

ただ、お魚のように鋭いアワセは禁物です。