コイの投げ込み釣りに行こう

大物がガツンと来るのが魅力の釣り!仕掛けを投入したら、後はコイがヒットして来るのを待つだけの釣りです。

 

しかし大物の予感を常に感じさせてくれる釣りです。

 

スポンサードリンク

コイの投げ込み釣り

コイは?
コイはとても生命力が強いお魚です。水質があまり良くない環境でも適応出来るので、全国の河川や湖、池などに広く生息しています。

 

街中を流れる下流域も気楽に釣ることが出来るので、身近に釣れる対象魚のひとつです。

 

投げ込み釣り
投げ込み釣りは、ブッコミ釣りとも言いますが、名前の通り仕掛けをブッコンだら、後は魚がヒットするのを待つだけの釣りです。

 

初心者にも入門しやすい釣りになりますが、コイは1m以上にも成長する魚なので、大型はとてつもない引きをみせる魚です。

 

釣り方は簡単とはいえ、決して侮ることの出来ないお魚になります。

 

道具
大型がヒットする可能性があるので、大型に対応できる道具立が必要になります。竿は長さ4m前後の投げ竿。リールはそれに見合った中型のスピニングリールが必要です。

 

仕掛け
仕掛けは、専用の吸い込み仕掛けを使います。オモリがセットになってる市販品もあるので、これなら道糸とヨリモドシを結ぶだけで良い仕掛けもあります。
『吸い込み仕掛けの色々』
ポイント
投げ込み釣りは、ココと場所を決めたら、腰を据えてアタリを待つ釣りなので、初めのポイント選びが重要です。

 

狙いは、橋脚周りや消波ブロックと深場との境目、乱杭などの障害物付近がポイントになります。

 

エサ
エサは専用の練りエサを使います。
『鯉の吸い込みエサ』
練りエサは耳たぶくらいの硬さに練り上げます。その練りエサを直径5cm程のダンゴを作り、吸い込み仕掛けのラセン部分をエサの中に埋め込みます。

 

エサの付け方
エサ付けは、ラセンを逆さに持って、ハリを下に垂らしておくと、ハリが指に刺さらなくて良いです。

 

ダンゴをラセンに埋めたら、ハリを一本ずつ外に向けて均等に埋め込んでいきます。

 

仕掛けを投入
エサを付けたらいよいよ仕掛けの投入です。
・道糸に人差し指をかけて、ベールを起こします。
・目標を決めたら、目標から目を離さずに振りかぶります。
・仕掛けが頭上を越した瞬間に道糸の指を離します。
・そのままの姿勢で仕掛けが着水するまで待ちます。

 

投入後
仕掛けを投入したら竿をサオ立に置き、サオ先にアタリを知らせる為の鈴を付けます。

 

この時に、サオ先が少し曲がるくらい道糸を巻き取っておくとアタリが解りやすくなります。

 

アタリ
鈴が鳴るとアタリですが、初めは鈴が小さくなりますが、最初のアタリでは合わせずに我慢します。

 

サオ先に3回4回と強い引きがあってから、サオを大きくあおってアワセをいれます。

 

楽しい瞬間
初めのアタリがあってから、アワセの瞬間までのわずかな時間は、なんとも言えないドキドキ感で楽しい瞬間です。

 

この数秒を我慢して、合わせた時に、魚が乗ってると病みつきになる面白さです。

 

この後の、大型コイとのやりとりも、とても面白く魅力的な釣りが楽しめます。