ウキ釣りとは 川釣り

ウキ釣りは、渓流魚のイワナやヤマメをはじめ、湖沼のニジマスやコイ、マブナなど、ほとんどの淡水魚を狙う事が出来るのがウキ釣りです。

 

スポンサードリンク

ウキ釣りとは

ウキ釣りは、対象魚によって、玉ウキ、トウガラシウキ、棒ウキと使うウキの種類は色々ありますが、ウキの動きでお魚のアタリを察するのは同じです。

 

春から夏にかけて、水温が上がってくると、ハヤやヤマベはエサを求めて瀬の浅場や、流れの静かな平瀬に集まってきます。

 

このようなポイントを攻める時は、オモリを極力軽くして、フカセ仕掛けにします。

 

フカセ仕掛けとは、軽いオモリしか付けない仕掛けか、まったくオモリを付けない仕掛けの事で、エサを自然のままに流れにまかせて流す釣り方です。

 

エサがより自然に近い状態で流れるので、魚の食いつきは良い釣り方です。しかし逆に少しでも抵抗を与えると不自然さが増して、アタリは悪くなってしまします。

 

ウキの浮力とオモリの負荷は調整して、仕掛けが竿先からハリまで真っ直ぐ流れるようにするのがこの釣りのコツです。