地磯のウキフカセ釣りに使うリールはどんなリール?

地磯のウキフカセ釣りに使うリールはどんなリール?

地磯のウキフカセ釣りに使うリールは、どんなリールを使うのでしょう。竿と共にリールは、仕掛けとしての釣具の中の主役です。

 

選び方を案内しましょう。

 

スポンサードリンク

リールの選び方

ウキフカセ釣りに使うリールは、どんなリールなのかを紹介します。

 

遊びの釣りから、趣味として生涯楽しむ釣りを楽しむのであれば、竿とリールはしっかりしたものを最初から選んだ方が絶対に良いと思います。

 

リールは、釣り具の中で、唯一と言える精密機械です。安いリールでは単純に、すぐに壊れます。レバーが取れたり、スプールが取れたりと頭に来るくらい壊れやすかったり、錆びやすいです。

 

1回2回の遊びの釣りであれば、このホントに安い釣具を紹介します。1回2回の為に高価な釣具を用意する必要は無いと思うからです。

 

しかし、釣りを本格的に楽しみたいと思ってる人には、初めからちゃんとした道具を揃える事をススメます。

 

数回の釣行ですぐに壊れてしまう釣具は、安物買いの銭失いの典型だと思うからです。なので、遊びの釣りから、趣味の釣りとして楽しもうと思う人は、ちゃんとした釣具で楽しみましょう。

 

そんなあなたに、ウキフカセ釣りに最適なリールを、ご紹介しましょう。

 

まずは、結論から言いましょう。スピニングリールのレバーブレーキタイプ。大きさは2000から2500か、大きくても3000までです。

 

ハンドルは利き腕の反対!と、このままでは少し訳が分からないと思うので、選び方をご案内です。

 

リール!と一口に言っても実は様々なタイプがあります。その中でスピニングリールと言うリールを使います。

 

ただ、このスピニングリールの中にも、色々なタイプが実はあるのです。その中で、レバーブレーキタイプを使います。

 

百聞は一見に如かず!と言うことで、見てみましょう。

 

 

このリールがレバーブレーキタイプです。何が違うの?と一見すると解りにくいですが、名前の通りレバーがあるのが解りますか。

 

画像で見ると、スプールの上にニョキと出ているレバーの事です。このレバーがあるのがレバーブレーキタイプです。これはメーカーによって若干形状がちがいます。ただ、レバーの位置は同じです。

 

このレバーがあるのが特徴です。なぜこのようなレバーが必要なのでしょう?

 

これは、釣り場と対象魚によるものです。

 

釣り場は磯場になります。この磯場で人気の対象魚は、クロダイやメジナになります。このお魚達は、ハリにお魚が掛かった瞬間に、根に潜ろうとします。

 

根に潜らせないに、竿でためるのですが、お魚の力が強すぎると、竿をのされてしまいます。竿がのされて、竿が真っ直ぐのなってしまうと、竿の弾力が活かせなくなります。

 

お魚の引きを、竿の弾力と、道糸、ハリスの伸びで緩和するのですが、竿がのされてしまうと、お魚のパワーが全部ラインに掛かってしまいます。

 

その結果は・・・

 

ライン切れです。

 

説明が長くなりましたが、このレバーブレーキは、お魚に竿をのされた時に、このレバーで瞬間的に糸が出すことができるのが、このレバーブレーキなのです。

 

竿をのされても、瞬間に糸を出すことで、その分竿を立てる事ができるのです。そうなると!竿の弾力がまた活かせる状態にもっていけると言うことなのです。

 

根に潜らせないようにしながらの、お魚さんとのやり取りが面白い釣りなのです。その要素のひとつが、レバーブレーキを使って、のされないようにするのです。

 

のされなければ、ライン切れを防げて、結果釣りあげることが出来ると言うわけですね。

 

その為のレバーブレーキになります。

 

次に、リールの大きさです。リールは何号の道糸を何メートル巻けるかで選びます。数字が大きくなれば、リールも大きくなります。

 

そこで、地磯で使う道糸の太さは、2号から太くても3号程度までです。そして磯用の道糸の多くは、150m巻で販売されています。

 

と!言うわけで、2号から3号の道糸を150m巻けるリールが良いということです。そうなると、丁度良いのが2000から2500の大きさのリールと言うことです。

 

大きくても、3000まででしょう。

 

最後は、ハンドルが右か左か?です。

 

これも先に結論を言いますと、利き腕の反対です。これも釣りによりますが、利き腕をどのように使いたいによって決まります。

 

船釣りなどは、利き腕がリールです。これは、船釣りでは竿の操作よりも、巻き上げる力の方が大事なので、リールが利き腕になります。

 

そこで、磯釣りは、竿とリールはどちらが大事なのかを考えると解ります。

 

磯釣りにおいて、大事なのはさばきの方です。根に逃げ惑うお魚をいかに釣り上げるかと、やりとりするには竿が利き腕になります。

 

なので、リールのハンドルは、利き腕の反対になります。

 

右利きなら左ハンドル、左利きなら右ハンドルです。

 

これは、意外と見落としやすいポイントなので、ちゃんと確認しておきましょう。

 

リール選びのポイントは、この当たりでしょう。ではあなたに合った良いリールで、楽しい地磯のウキフカセ釣りを始めましょう。