地磯とは

地磯とは

地磯という釣り場についてもう少し紹介しましょう。

 

スポンサードリンク

地磯

地磯とは、陸続きの磯場の事です。ただ、地磯と一口に言っても、同じ地磯でも外海に向いた地磯の荒磯もあれば、波静かな内湾の地磯もあります。

 

磯釣りは、海釣り公園や防波堤に比べると、格段に釣れる魚の数や大きさが違って、魅力溢れるフィールドになります。

 

地磯

 

磯釣りは、魅力的ではあるのですが、防波堤などに比べれば安全の配慮が断然必要になります。そんな防波堤から、磯釣りへのステップとして、地磯は最適な釣り場になります。

 

内湾の地磯であれば、そんなに危険はないですし、磯の釣り方の基本は同じなので、磯釣りの練習には最適なのです。

 

また、堤防ではあまり使わなかった釣り方の、ウキフカセ釣りなどで、クロダイやメジナなども狙えるので、面白さは全然違ってきます。クロダイの銀に輝く魚体が水面に上がって来た時は、震える様な感動が味わえるでしょう。

 

そんな魅力を持った釣り場ではあります。

 

磯釣りには、下物と呼ばれるイシダイやクエなどの対象魚がいますが、この手の魚は、静かな磯ではなく、荒磯などで狙う魚ですし、装備もしっかりしたものを用意するので、あまり初心者向けの釣りとは言えない釣りです。

 

もう一つが、上物釣りと言われる、クロダイ(チヌ)やメジナ(グレ)などを釣る釣りです。ウキフカセ釣りなどで狙いますが、釣り味としては大変面白く、とても人気のある釣りなので、釣り人口も多い釣りです。

 

クロダイやメジナ釣りは、海釣り公園や防波堤とは比較にならないくらい、数釣りや大型が狙えるので、磯釣りは大変な魅力がある釣り場です。しかし、磯釣りは、安全を考慮して造られたものではなく、あくまで自然のままの中で釣るのもなので、自分自身で安全管理をしなくてはいけません。

 

ライフジャケットは必須で、靴も普通の長靴ではなく、磯用のスパイクブーツなどがあるので、これを用意します。

 

仕掛けを作る時には、海に背を向けて作るのではなく、必ず海の方を向いて作るなど、どんな時にも対応出来る準備をするなどの心構えが必要になります。

 

磯が濡れてる所は、地形的に波を被る可能性がある所なので、その様な場所では釣りをしないなどの注意も必要です。

 

このように、防波堤や海釣り公園に比べて、釣りは断然面白くはなるのですが、安全の準備も必要なんだと忘れないで下さい。

 

安全の準備があってこそ、楽しい釣りになります。