ウキフカセ釣り初心者

ウキフカセ釣り初心者

ウキフカセ釣りは、とても奥深くておもしろい釣りです。海釣りを海釣り公園や、防波堤で楽しんでいて、もっと他の釣りをやってみたい人におススメの釣りです。

 

スポンサードリンク

地磯でウキフカセ釣り

まずは、ウキフカセ釣りについて、どのような釣りなのかを、仕掛けから見てみましょう。

 

ウキフカセ

 

上の画像は、ウキフカセ釣りの基本的な仕掛けです。ウキ釣りの入門セットとして売っているのです。

 

ウキフカセ釣りの仕掛けを見るのに丁度良いので、この画像で紹介しましょう。

 

この他に、竿は磯竿と言う竿を使い、リールはスピニングリールを使います。

 

ウキフカセ釣りとは?の前に、”フカセ”釣りとはを紹介します。フカセ釣りは、オモリを使用しないか、もしくは使ったとしても、極小のオモリしか使わない釣り方のことです。

 

ウキフカセ釣りは、それにウキを使った釣り方のことです。

 

よって、ウキフカセ釣りも、オモリを付けなかったり、付けても小さなオモリしか使いません。

 

オモリは使わないないか、小さい物しか使わないので比重がありません。比重がないので、仕掛けは飛びません。そこでウキフカセ釣りに使うウキは、オモリが内臓されていて、ウキの比重で仕掛けを飛ばします。

 

もう一度、画像を確認します。道糸にウキ止めがあります。このウキ止めの位置を変えることで、お魚いるであろうタナを変えて釣ります。

 

ウキ止めの役目は、そのタナの位置に仕掛けを留めておく為と、お魚が食った瞬間に当たりが解るためです。

 

ウキとウキ止めの間に、シモリ玉があります。これはシモリ玉を入れないと、ウキがウキ止めをすり抜けてしまうからです。

 

そしてウキです。

 

このウキを、どのタイプのウキを使うかもウキフカセ釣りの楽しさの一つです。ウキの役目は、お魚の食った瞬間に、ウキに当たりがでて解る事です。

 

一般的に思われてるオモリの役目は、このくらいです。しかし、ウキには様々な役目があるのです。

 

仕掛けを飛ばす!仕掛けをタナの深さに留める!潮の流れに乗せて、食ってくるポイントまで運ぶ!仕掛けをゆっくり沈ませる!などなどがあります。

 

ウキの下に、丸玉オモリがありますが、これはあまり使わないで、カラマン棒と言うのをセットするのが良いです。

 

次にスイベルです。これは道糸とハリスの結合に使います。

 

そして仕掛けをなじませる為に、ガン玉を使ったりします。

 

後はハリですね。

 

一気に、画像の仕掛けについて羅列で紹介しました。ただホントに基本の基本的な仕掛けです。

 

全遊動という釣り方になると、ウキ止めは付けないで釣ります。ウキ止めが無かったら、当たりが解らない?と思いますが、大丈夫なんですね。

 

ちゃんと当たりはでます。

 

そして釣り方の肝は、コマセを使って釣り事です。

 

ウキ釣りは基本的にコマセを使います。コマセとは、撒き餌のことで、撒き餌をおこなって、寄ってきたお魚を釣ってしまおうという釣りです。

 

コマセに寄ってきても、そこに仕掛けが無かったら意味がありませんね。このコマセと、仕掛けを同調させながら釣るのが基本です。

 

一気に紹介すると解りにくいので、道具としては、磯竿にスピニングリールを使い、上記のような仕掛けで釣る。そしてコマセを使って、お魚を寄せて釣ると言った釣り方が、ウキフカセ釣りです。

 

この釣りは、道糸、ハリス、ハリ、ウキ、ウキ止め、スイベル・・・とすべて個別に用意して、自分で仕掛けを作るのが基本です。

 

ただ、初心者が始めて時は、仕掛けの作り方など解りません。

 

その時に、市販のウキ仕掛けで釣ってみると良いと思います。仕掛けの作り方も解りますし、まずは難しい事を考えずに、ウキフカセ釣りで釣ってみるのが良いと思うからです。

 

釣ってみて、これは楽しい!と思えば、あとは段々と上達するはずです。もちろんおススメする釣り方なので、楽しい!と思える釣りだと思います。

 

ウキフカセ釣りの仕掛けは、サビキ仕掛けや投げ釣りのように、たくさんの種類は市販で売っていません。

 

その中で、ウキなどを作ってる釣研と言うメーカーから、最適なウキフカセ釣りの仕掛けがありました。

 

 

一度この仕掛けで釣ってみて下さい。15cm程度のメジナでも釣れると、その引きの強さにびっくりして、この釣りのおもしろさが解るとおもいますよ。

 

磯場ではぜひ釣ってみたい釣り方が、このウキフカセ釣りです。

 

釣って楽しく、釣れるお魚もクロダイやメジナと、引き味満点のおもしろさを体感できる釣りです。