ウキフカセ釣りに使う道糸は?

ウキフカセ釣りに使う道糸は?

地磯のウキフカセ釣りに使う道糸は、どんなのを選べば良いの?道糸はたかが糸!と思っては釣れないですよ!

 

スポンサードリンク

道糸の選び方

道糸は、竿やリール選びからすると、かなりテンションが下がりますよね。竿とリールは、仕掛けの中では、主軸の道具と言うのは解りますから、選ぶのも気合が入りますよね。

 

では、道糸は適当で良いか!と思うと、大変ですよ。せっかく、良い竿とリールを選んでも、道糸がいい加減では、竿とリールの能力も活かし切れませんからね。

 

では、道糸の選び方を紹介しましょう。

 

選ぶポイントは、種類・太さ・色・タイプと言ったところでしょう。

 

まずは、種類からです。これは磯用の道糸を選びましょう。なんだよ!と怒らないで下さいね。

 

磯釣りだから、磯用の道糸がある事を知らない人だって、たくさんいるのですから。その為の初心者,ナビなんですから、これから地磯釣りを始める人は、みんな知らない事ですからね。

 

この磯用の道糸は、だいたい150m巻で売っています。リールのところでも紹介しましたが、基本的にはリールに合わせれば良いでしょう。

 

もちろん根本は、釣れるであろうお魚さんのサイズに合わせて道具は揃えるものです。やはり地磯と離島では、釣れてくるアベレージは全然違います。

 

地磯であれば、道糸の太さは2号から3号です。ただ、3号では少し太い気がしまうので、2号前後で選べば良いでしょう。

 

初心者の人は、太い方が釣りやすいと思う人は多いです。確かに、お魚を掛けてからは、太い方が安心して釣り上げる事ができます。

 

しかし、太い方が食わせるまでが大変なのです。

 

太い道糸は、風や波の影響を太い分だけ受けやすくなります。ウキと竿の間の道糸が、風や波に引っ張られると、ウキから下の仕掛けが、うまく落ちていかなかったりします。

 

お魚がいるタナまで付けエサが落ちていかなければ、お魚が釣れるはずもありません。そこで俗に言うライン操作を行うわけです。

 

このライン操作もテクニックが必要です。ウキから竿までの道糸が、風下、波下に流された時に、ラインを持ち上げて風上、波上に打ち直すのです。

 

と、テクニックまでは解り難いですね。単純に太いラインの方が、食わせるまでは少し大変ですし、太すぎると食って来ないと言うことです。

 

なので、普通の地磯では2号前後から2.5号。太くても3号までにしておきましょう。

 

次に色です。

 

道糸には、無色や青系、赤系、黄系などの、色付きがあります。

 

色は好みで良いです。ただ、使いやすさとしては、赤系か黄系がおススメです。特に蛍光の黄色などが良いと思います。

 

単純に、ラインは見えた方が釣りやすいからです。太陽の影響にもよりますが、ウキを見失うこともあります。その時は、ラインをたどりますが、ラインも見えないと仕掛けの方向が解らなくなります。

 

また、ウキを沈ませて釣る時などは、ラインで当たりをとったりします。その時に、やはりラインは見えた方が釣りやすいですよ。

 

最後は、タイプです。

 

磯用の道糸には、海面にラインが浮くタイプと、沈むタイプがあります。

 

全遊動仕掛けなどの軽い仕掛けの時は、海面に浮くフロートタイプが良いです。ただ、このフロートタイプは、風にも浮き上がってしまう事があります。

 

そこで、おススメなのが、セミフロートというタイプの道糸です。海面から少し沈む道糸と言ったところです。

 

道糸は高級なのを買いましょう!嘘です。ウソですよ。お金がたくさんある人や、釣りに入れ込んでも良い人はそうして下さい。

 

もちろん、高い道糸の方が、同じ太さで強度が強かったり、しなりや伸びや、何かと良いのは間違いありません。

 

ただ、道糸は消耗品です。一回の釣行が終われば、5mくらいは切って、メンテナンスをしなければいけませんし、何回か使えば、交換しなければいけません。

 

そこで、2千円3千円する道糸を長く使うつもりなら、千円ちょっとの道糸をその分、交換を早めた方が良いと思います。

 

これはあくまで私の懐具合から来ていますので、お小遣いがたくさんある人は、良い道糸を購入して下さい。

 

では、わたしのおススメ道糸を紹介しておきましょう。ただ、初めに断わっておきますが、価格と道糸の能力?とのバランスで選んでいます。

 

 

厳密には解りませんが、値段とラインの性能を対比した時に、デュエルのライン類は勝手に良いと思っています。

 

このラインは見やすいといのもあります。