離岸と着岸の仕方

離岸と着岸の仕方

いざという時の為に、離岸の仕方と着岸の仕方は覚えておきましょう。まれに自分で行なう事もあり、知ってれば慌てないで澄みます。

 

スポンサードリンク

離岸と着岸

ボート店でボートを借りる時は、たいていは親切にボート屋さんが手伝ってくれます。

 

手伝ってくれている時は、離岸も着岸も指示通りにすればOKです。

 

ただ、まれに自力で行なわなくてはいけない場面もあったりします。

 

こんな時にも慌てなくても良いようにしておきます。

 

離岸

 

港から離岸する時は、ボートを後ろ向きにして海へ押し出して行きます。

 

船体の8割くらいが海に入って、船首だけが岸に乗ってる状態にし、ここでボートに乗り込みます。

 

これが基本です。

 

ただ、波のある海岸などでは、ミヨシを沖に向けてトモから乗り込む事もあります。

 

ボートに乗り込んだら、立ち上がらずに状態を低くしたまま、沖側に移動します。

 

すると人の重みで沖側が沈み、岸側が浮きますので、ここで離岸します。

 

着岸

 

砂浜への着岸は、砂浜に船首から乗り上げるようにします。

 

出来るだけ波打ち際に近い場所から陸に上がれば濡れなくて済みます。

 

砂浜での注意は、夏場は海水浴場になっているので、人に当たらないように気を付けます。

 

護岸に着岸する時は注意が必要です。

 

ボート店の人が押さえてくれれば良いですが、そうでない時は、体重のかけ方でボートが動いてしまうので細心の注意が必要です。

 

着岸時に荷物を降ろす人がいますが、荷物は一番最後です。

 

両手を自由にしたまま、まずはボートを安定した場所まで移動してから、最後に荷物を降ろします。

 

荷物の積み下ろしは、ボートが安定している時です。

 

万一の時

 

海に落下した際は必ず船尾から上がります。

 

着岸の時に、落下した際も岸が近いからと、岸にいきなり上ろうとすると、フジツボなどで手を切ったりします。

 

慌てず一回船尾からボートに乗り込んだほうが良いです。

 

ボートの離岸と着岸は基本は、ボート屋さんの指示に従う!です。初めての時は、『初めてです』と伝えておくと親切に教えてくれるでしょう。