出発前に準備しよう

出発前に準備しよう

ボートの上はとても狭いものです。事前に準備する事で快適なボート釣りライフが始まります。

 

スポンサードリンク

準備

持ち物を確認しましょう。

 

釣り道具類の忘れ物はありませんか。竿やリールはもちろん、仕掛けや小物類、クーラーボックスなども忘れてはいけません。

 

その他にも、帽子やサングラス、ライフジャケットなども安全に釣りを楽しむには必需品になります。

 

お弁当や飲み物も必要です。弁当は万一忘れても我慢が出来るものですが、飲み物は我慢が出来ないものです。

 

暑い日には、飲み物は多いかな?と思うくらい用意した方が良いです。ホントに飲み物が無いのは辛いものです。

 

その飲み物や弁当を入れておくにも、エサを弱らせない為にも、そして美味しくお魚を持ち帰る為にも、クーラーボックスには多めに氷も準備しておきます。

 

持ち物の準備が出来たら、必要な支度はボートに乗り込む前に終わらせておきます。

 

リールも竿にセットし、道糸をガイドに通しておきます。天秤やオモリも付けておいて、ポイントに着いたら仕掛けだけを付ければ良いように準備します。

 

いよいよボートに荷物を積みますが、基本は船首側に置きます。

 

一番スペースの空いている船首側に荷物もまとめておくと良いですし、竿も同じように船首に置いて、穂先を船首から出るように寝かせておきます。

 

ボートの中央に荷物を置くと、オールを漕ぐ時に邪魔になります。

 

邪魔になると、ボートは進まないわ疲れるわで良い事などありません。

 

ポイントに着いてから、扱い易い場所に移動すれば良いのです。

 

快適なボート釣りは、出発前の準備からです。