ボート釣りの安全対策

ボート釣りの安全対策

すべての釣りに言える事ですが、安全の為の知識、準備、万一の際の心掛けがあってこそ楽しい釣りが出来ます。

 

もちろんボート釣りも同じです。安全対策をしてからボート釣りに出かけましょう。

 

スポンサードリンク

安全に楽しむ

安全の為の知識

 

ボートの上で立ち上がるのは厳禁です。

 

湖や池などで、ブラックバスを狙うアングラーは、よくボートの上で立ち上がって竿を振っていますが、海のボート釣りでは厳禁です。

 

波や風がある海上ではバランスを崩しやすいものです。

 

移動の際などは、出来るだけ重心を低くして、ヒザを付く位にして移動します。

 

席の交代

 

2人で釣行している時は、漕ぎ手が変わるなどで席を替わる事もあります。

 

そんな時は、重量のバランスがボートの中心からズレないようにします。

 

大人と子供のように体格差があれば、小さい人が大きい人の股の間をくぐった方がバランスは崩れ難いです。

 

同じ体格差なら、一方は右、もう一方から左と同時に移動するようにします。

 

この時も、もちろん立ち上がらずに重心を低くします。

 

安全の準備

 

安全対策の準備は、ライフジャケットしかありません。

 

竿は忘れてもライフジャケットは忘れるな!です。竿を忘れたら帰れば良いですが、命を落とすわけにはいきません。

 

自分は泳ぎが得意だ!などとは思わないで下さい。

 

水着ではカッパのように泳げる人でも、靴や長く靴を履いて、洋服を着ていたら、水圧ですべて体にくっ付いてきて泳ぐ事などできません。

 

そうなったら身動きなどとれません。

 

ライフジャケットを着用して、浮いてさえいれば、万一の際にも助かります。

 

海に落ちたら

 

ライフジャケットを着ていれば、顔は水面の上に出ているので、息が詰まる心配はありません。

 

慌てず、船尾からボートに乗り込みます。

 

もう一度確認で、ボートから落ちて登る時は船尾からです。横から乗ってはいけません。

 

転覆したら

 

ボートは転覆していても浮いていますので、ボートに?まっていましょう。

 

慌てて、何かしようとすると体力を一気に消耗します。

 

近くに船がいれば助けてくれますし、誰もいなくてもボート店が気付いてくれるでしょう。

 

天気の様子見

 

ボートで釣りをしていて、海をサーと細かい波が走って、波がとがってくると風の吹き出しの兆しです。

 

早め早めに岸寄りに移動しましょう。

 

風向きが変わって、遠くの景色がはっきり見えるようになると、強風になります。

 

やはり早めに戻りましょう。

 

雷が遠くで鳴っている時も十分な注意が必要です。

 

かなり遠くの雷でも注意しなければいけないのは、竿は素材によって雷を通しやすいものがあるという事です。

 

また、海の上で長い竿を振っていれば、自分から雷を呼び込むようなものです。

 

遠くで雷がなったら早々に竿を片付けて戻りましょう。

 

釣りの安全は、安全の為の知識を持つ。万一に備えて準備する。そして無理をしない。もう一つ、まだ大丈夫という気持ちを抑えて、早めに撤退する勇気を持つ事。です。