ボートでメバルを釣りに行こう

ボートでメバルを釣りに行こう

ボート釣りのメバルの対象魚はクロメバルが中心になります。

 

サビキ釣りでもかなり釣れるので楽しい釣りになります。

 

スポンサードリンク

メバル釣り

メバル
メバル類のうちで、クロメバルはボート釣りの格好のターゲットになります。

 

沿岸に近い岩礁帯が生息域で、冬から早春が産卵期になります。とはいえ、メバルは卵胎生魚なので岩礁近くの藻場内に稚魚を生みます。

 

その為、小さいメバルは藻の多いところで良く釣れます。しかし本格的に釣りには水深が5m〜20m程度の岩礁周りを狙うようにします。

 

本来は夜行性なので、乗合船では夏の夜釣りの対象魚として人気があります。昼間でも潮色の濁りの強い時にはよく釣れます。

 

メバルが群れるのは根回りなので、群れる根を何度か通って解ってくると釣果にも繋がります。

 

仕掛け
メバル釣りの仕掛けは、釣り方が色々あるので仕掛けも種類があります。

 

相模原方面の冬のメバル釣りでは、生きイワシを使った泳がせ釣りが人気があります。しかしボート釣りでは、生きたイワシを手に入れのは難しいので、死んだシコイワシやワカサギを使います。

 

生きイワシにはかないませんが、うまく誘えば大型も釣る事ができます。生きたドジョウを使う事もできて、ドジョウの時は誘いは掛けなくても大丈夫です。

 

それ以外は、一般的には胴付き仕掛けに、イソメ類やイカの薄く切った短冊などをエサに使います。

 

もしくは、サビキ仕掛けにエサをアミエビを使った仕掛けでも良く釣る事ができます。

 

メバルのタナは、底から1mから3mくらいで、食いが立った時は中層まで上がってきたりします。

 

誘い
メバル釣りの誘いは、あまり大きな誘いはしない方が良いです。派手な誘いは、群れを散らしてしまう事があるので、ゆっくりとが良いです。

 

生きエサで狙う時も、誘いはゆっくりとが良く、エサを自然に泳がせるイメージで行なうと、メバルは飛びついてきます。

 

アタリ
アタリは、ゴクゴクとアタッテきて、向こうアワセでハリ掛かりします。後はゆっくりリールを巻いてくると、食いが良い時は追い食いしてきます。

 

サビキ釣りの時は、何匹もいっぺんに釣れる鈴なりになったりします。これはサビキ釣りでメバルを釣る醍醐味になります。