ボートでハゼを釣りに行こう

ボートでハゼを釣りに行こう

ボート釣りで、親子や家族フィッシングに人気なのがハゼです!

 

江戸前ハゼは有名ですが、現在はハゼを店で手に入れるのは難くなっています。

 

美味しいハゼが手に入るのは釣り人の特権になってます。

 

スポンサードリンク

ハゼ釣り

ハゼ
日本の沿岸には数百種類のハゼがいると言われています。実に沢山の種類はいますが、釣りの対象になるのは、マハゼになります。

 

天ぷらダネとして大変な人気で、とても喜ばれるお魚です。

 

夏から秋口は大きな河川の河口付近に多くいて、陸からも手軽に釣り事ができます。もちろんボート釣りでも簡単に釣る事ができて、9月から10月くらいが盛期になります。

 

仕掛け
シロギスの竿などでも良いですが、オモリは小さく軽いので穂先の軟らかい竿が適しています。

 

仕掛けはハゼ用の天秤仕掛けを使い、オモリが着底したら小さく小突くミャク釣りと、軽く投げて、ゆっくりとリールを巻きながら誘いをかける投げ釣りもあります。

 

アタリ
ミャク釣りでも投げ釣りでも道糸は絶えずハリ気味にしておきます。ググやプルプルと明確なアタリがきたら、竿先を軽く立てる程度にアワセます。大アワセは必要ありません。

 

晩秋から冬場のハゼ釣りは、ポイントがやや深くなり、アタリも取り難くなります。小さなアタリのクックッやモタレを感じたら素早いタイミングでアワセるようにします。

 

エサ
ハゼのエサはゴカイが最良のエサになります。アオイソメも良いエサですが、ゴカイにはかなわないです。

 

エサの付け方は、浅い場所を釣る際は、ハリ先から1cmほど垂らす程度で良く、深場狙いではちょっと長くすると良いです。