ボートでシロギスとメゴチを釣りに行こう

ボートでシロギスとメゴチを釣りに行こう

シロギスはボート釣りの人気ナンバーワン!

 

ハリ掛かりしてからのシャープの引き味、姿形の美しさ、そして食べても美味しい最高のお魚さんです。

 

釣りやすいお魚なので大漁を目指せて楽しい釣りです。

 

スポンサードリンク

シロギスとメゴチを釣り

シロギス釣り
初夏の頃から、砂地の浅場で釣れるようになって、誰にでも釣りやすいボート釣りの入門に最適なお魚さんです。

 

誰にでも釣りやすいとはいえ、誘いやアワセなどで、ベテランと初心者には釣果に大きな差があるので、初心者にも釣りやすく、ベテランにも奥深い面白さがある釣りとして人気のある対象魚です。

 

シロギスは1年を通じて釣れるお魚ですが、4月後半から暖かくなってくると浅い内湾に入ってきて、小さな群れで泳ぎます。

 

シロギスとメゴチ狙い
ボートからのシロギス釣りは、軽く仕掛けを投げて狙うのが一般的な狙い方です。2本竿で狙って一本はボート下を釣るとメゴチが良く掛かって来ます。

 

もう一本を投げて誘いながら釣るとシロギスが釣れます。ベテランの人は、いかにシロギスだけを釣るのかに面白さを感じる人も多いです。

 

キャスティング
キャスティングは、乗り合い船と違って、オーバースローがOKです。乗り合い船ですと、オーバースローは他人を引っ掛けてしまうので、危険の為禁止ですが、ボート釣りならOKです。

 

潮の流れを読んで、潮下方向中心に仕掛けを投入するとアタリが取りやすく釣りやすいので、仕掛けが潮下を狙います。

 

仕掛けが着水したら、着底するまで糸を出します。糸の出が止まったらリールのベイルを戻して、道糸が張るまで糸を巻き取ります。

 

誘い方
道糸が張ったら、連続して誘います。置きっぱなしにするとシロギスよりもメゴチが多くなりますし、釣果の数も違ってくるので誘いは大事です。

 

誘い方は、ゆっくりとリールを巻いたり、巻くのを止めて竿を立てたりして、オモリがコツコツと底を軽く叩くイメージするように誘います。

 

ポンピング動作でリールを軽く巻いて、糸をたるませないように張った状態にしながらアタリを待ちます。

 

仕掛けを引いて来る速さは、アリの歩く速さなどと言われるように、ゆっくりとが基本です。ただ、ゆっくり過ぎるとメゴチが良く掛かってくるので、その時は、もう少し早く引いてきます。

 

更に、時に早くしたり、一瞬止めてすぐに引いたりと変化を与えて、エサをアピールすると釣果に繋がります。

 

アワセ
シロギスがエサを口にすると、クックッやコツコツとアタリが伝わります。アタリを感じたら、ほんの一呼吸待って軽く竿を立てる程度にアワセます。

 

手首を反す程度で良く、大アワセは必要ありません。むしろ大アワセは付近のシロギスを驚かせて散らしてしまします。

 

ハリ掛かりしたら、一定のスピードでゆっくりとリーリングします。

 

エサ
エサは、ジャリメ・アオイソメ・ゴカイなどです。食いに大きな差は無いですが、アオイソメの大きいのは固いので、小型のシロギスには食いが悪くなります。

 

その時は、尾の柔らかい部分を使うと良いです。

 

エサの長さは、食いが悪い時は長めにして、食いが良い時は、一匹のエサを半分や3分の1くらいに短くして使います。

 

シロギス仕掛け
竿
2mくらいの胴調子・オモリ負荷8号から10号くらい
竿を探す icon
リール
小型のスピニングリールで道糸1.5号から2号が100m巻けるサイズ
スピニングリールを探す icon
道糸
道糸は1.5号から2号
道糸を探す icon
テンビン
シロギス用の方テンビンなど

 

オモリ
オモリはナス型の8号から12号

 

仕掛け
シロギス用の市販の仕掛け
キスの仕掛けを探す icon