ボートでカワハギを釣りに行こう

ボートでカワハギを釣りに行こう

カワハギは釣り人の中では、フグ以上の美味さ!という人も多く、とても人気のお魚です。

 

ボートで狙うと思いのほか大型が・・・

 

スポンサードリンク

カワハギ釣り

ボート釣りのカワハギの魅力
カワハギは、乗合船でも人気のお魚で、釣って面白くて、食べて最高に美味しいお魚です。

 

そのカワハギをボートから釣りましょう。

 

釣り味としても、エサ取り名人の異名があるように、とても上手くエサをかっさらって行きます。そのエサ取り名人を相手に、いかに食わせるかが面白いところです。

 

また、ヒットしてからも浅場で釣るカワハギは、強烈な引き味なので釣っていて楽しいお魚です。

 

何よりボート釣りの魅力は、カワハギ狙いの乗合船が入って来ないような場所で釣ります。つまり、意外と大型が釣れてしまうのも魅力なのです。

 

ポイント
ボート釣りでは、シロギス狙いの外道としてたまに釣れますが、専門に狙うとなるとポイント選びが重要です。

 

狙うポイントは、水深10m前後の岩礁周りです。深くても20mくらいまでのポイントになります。

 

夏から秋の水温が高い時は、根が近くにある砂地なども良いポイントになります。冬季は、深場へ落ちるお魚さんですが、それでも15mほどの岩礁周りで良く釣れます。

 

15mくらいの岩礁周りは、冬を越すカワハギもけっこういるので、冬のターゲットして狙い所です。

 

仕掛け
ボート釣りのカワハギ狙いは、比較的浅場を攻めるので、船釣りのカワハギ狙いの仕掛けにくらべれば、軽い仕掛けになります。

 

竿やオモリも一回り軽いものを使います。その分、アタリはとりやすくなるので、エサ取り名人とも対峙できると言うものです。

 

竿は、竿先が軟らかい竿が釣りやすいです。胴付きの2本バリ仕掛けなどが良いですが、市販のカワハギ仕掛けも良いものが沢山あります。

 

釣り方
仕掛けが着底すると同時に、カワハギは寄ってきていると考えます。エサをついばむように食べるイメージして、常に竿先に神経を集中させておきます。

 

まずは、相手はエサ取り名人なのだと言う事を忘れずに、集中します。

 

誘い方は、底から50cmオモリを上げるくらいにします。ちょっとでも竿先にアタリを感じたら、グッと竿をあおってアワセをいれてみます。

 

上手くハリ掛かりすれば、竿先を叩くような強い引きがあります。

 

カワハギのアタリは、けっこう頻繁に感じても、なかなかハリ掛かりしてこないので、集中してタイミングを計りましょう。

 

グッグというアタリでハリ掛かりすれば最高!しかし、モゾモゾのアタリでハリ掛かりしない事も多々。そんな時は、一瞬竿先を送り込んでからアワセてみましょう。

 

いずれも、アワセのタイミングの難しさは、釣りのうちでも一級品です。

 

そこが面白さでもあるので、タイミングの呼吸を意識しながら釣って、自分なりにアワセの呼吸をつかみましょう。

 

やりとり
ハリ掛かりすると、カワハギの引きは強力です。

 

浅場狙いで、竿も細目を使っているので、余計に引きが強烈に感じて楽しいものですが、慌てず対応します。

 

ある時は、直下にグイグイ引き込んだり、中層で一回軽くなっておいて、更に激しい引きや横走りもあります。

 

竿先を送り込んだりしながら、じっくり竿の弾力を生かしながら浮かせましょう。

 

エサ
船釣りでカワハギのエサと言えば、アサリのムキ身です。ボート釣りでも、やはりアサリのエサは良いです。特に、当日にカラを取った新しいものは食いが良いです。

 

その他には、イソメやゴカイ類なども使います。