ボートでイシモチを釣りに行こう

ボートでイシモチを釣りに行こう

イシモチは、冬の東京湾でも人気の高いお魚です。

 

ゴクゴクというアタリを楽しめます。

 

スポンサードリンク

イシモチ釣り

イシモチ
イシモチは、元来夜行性のお魚なので、砂浜からの釣りでは夜釣りでよく釣れます。

 

ただ、ボート釣りでは、夜釣りは行なわないので、潮の濁りが強い時などが狙い時で、この時に良く釣れます。

 

特に浅場を攻めてみると良いです。

 

生息地は、砂泥地の比較的浅い海にいます。

 

釣りエリアによりますが、冬に釣期となる場所もあって、水温が低くなるほど岸に近い場所で良く釣れるようになります。

 

ボート釣りにおいて、近場でイシモチが釣れるようになるのは、釣りやすくて楽しい釣りが出来ます。

 

初夏の濁りの強い時なども良く釣れるので、この時も狙い目です。

 

釣り方
標準的な仕掛けは胴付きの2本バリなどです。

 

この仕掛けを、底スレスレから50cmほど上までを攻めます。ここがタナになります。

 

エサを口にしてもハリ掛かりし難いお魚なので、軟らかい胴調子の置き竿釣法で釣ります。

 

ボートの両サイドに2本3本と竿を出して、のんびると釣るのもオツなものです。

 

アタリとアワセ
イシモチのアタリは、いきなり竿先を叩くようなアタリがきます。ゴクゴクといった感じのアタリがきますのでここで合わせます。

 

ただ、このアタリで合わせてもハリ掛かりしない事もあります。

 

その時は、グーと竿先が持ち込まれてから竿を立てると、ガッチリとハリ掛かりします。

 

置き竿の場合は、気を付ける事があります。

 

風や波があると竿先が跳ねてハリ掛かりが悪くなる事があります。そんな時は、オモリを重くしてみるとハリ掛かりが格段に良くなります。

 

これも釣果をのばすコツです。

 

エサ
イシモチのエサは、ゴカイやアオイソメが良く使われるエサです。

 

大き目のものを一匹のチョン掛けにするか、食いが悪い時は2匹3匹を房掛けにしてみます。

 

活性が高くアタリが出る時は、エサを半分くらいにした方が釣れます。

 

イシモチは地域でグチとも呼ばれます。浮き袋を収縮させてグーグーと音を発するので、まるで愚痴をこぼしてるようなのでグチと呼ばれるようになったとも言います。釣り上げてグチの愚痴を聞いてみましょう。