イケス周りを狙おう

イケス周りを狙おう

イケスには毎日大量のエサが与えられていて、そのおこぼれを食べに天然のお魚も集まってくる。

 

このお魚を狙うのがイケス周りの釣りです。

 

スポンサードリンク

イケス周りで釣る

西伊豆や沼津などでは、ボート釣りの出来る場所に養殖用のイケスが設置してある所があります。

 

イケスには、毎日定期的にエサのイワシミンチが与えられていて、このエサがイケスの外にも流れ出ています。

 

このエサに大型のお魚も寄って来るので、これらのお魚を狙うのがイケス周りの釣りで、昔からマキコボシ釣りとして人気があります。

 

マキコボシ釣りは、イケス周り専用とも言える独特の釣り方です。

 

ハリと糸、それにコマセエサを海底近くまで沈めるのに平たい石を使うと言う、原始的ながら実績のある釣り方です。

 

ちょっと独特なので、慣れないとこの釣り方は難しいですが、ただこのようにイケス周りは最高のポイントのひとつになりますので、ぜひ狙いたい場所です。

 

狙えるお魚は、ワラサや潮しだいでシマアジ、カンパチなどの高級魚が釣れますし、マダイも釣れます。しかも大ダイもです。

 

他にも、ムロアジやマアジ、カワハギ、カサゴなども良く釣れます。

 

イケス周りは独特のポイントなので、イケスがある場所では狙ってみましょう。

 

ただ、イケスならではの注意もあって、ボートを係留するのにイケスに係留すると怒られる事もあります。

 

もちろん禁止されているのに係留するからであって、初めにボート店で確認しておく事が必要です。

 

釣り人にとってはレジャーかもしれませんが、漁師さんにとっては生活が掛かっていて、当然の事なので、くれぐれも迷惑の掛からない釣りを心がけましょう。